おまとめローン アイフル

アイフルおまとめローンのおすすめポイントは?審査に通るコツも解説!

投稿日:

アイフルおまとめMAX
「複数ある借金を一本化して返済を楽にしたい!」

このようなときに便利なのが「おまとめローン」ですよね。

そんなおまとめローンは「アイフル」にも存在します。

そこでこの記事では、アイフルのおまとめローンの概要や特長について詳しく解説してみました。

また、審査に通るためのコツなどもお伝えしていきます。

アイフルのおまとめローンは2つあると知っておこう!

はじめに、アイフルのおまとめローンは、以下の2つがあると知っておきましょう。

2つの違いは利用対象のみです。

かりかえMAXは「アイフルを新規で利用する人」のおまとめローンであり、おまとめMAXは「アイフルを利用中または利用したことがある人」しか申し込みできません。

貸付条件は2つとも以下のようになっており、金利や限度額に違いはありません。

貸金使途 他社借入金の借り換えのみ
貸付利率 年3.0%~17.5%(実質年率)
遅延損害金 年20.0%(実質年率)
返済方式 元利定額返済方式
各回の返済金額 毎月決められた固定金額
返済期間及び返済回数 最長10年(120回)
担保・連帯保証人 不要
必要書類 他社借入条件等の確認ができる書類
本人確認書類
源泉徴収票等収入を証明する書類

アイフルのおまとめローンのおすすめポイント

ここからは、アイフルのおまとめローンのおすすめポイントをお伝えしていきます。

アイフルのおまとめローンのメリットは以下の2つです。

  • 総量規制の例外になる
  • おまとめできる借入の幅が広い

総量規制の例外になる

アイフルのおまとめローンは、「総量規制の例外」になるという利点があります。

アイフルは消費者金融ですので、総量規制の対象になり、年収の3分の1までしか借入ができません。

しかし、おまとめ専用ローンの場合は総量規制の例外が適応になり、年収の1/3を超える借入も可能です。

そのため、他社借入額が年収の1/3を超える場合でも、全額おまとめできる可能性があります。

ただし、総量規制の例外で借入した分は、借入後に総量規制の対象になります。

年収の1/3を超のおまとめをすると、返済して借入算高が年収の1/3よりも少なくなるまで、消費者金融のような貸金業者からの借入ができなくなる点は注意しておきましょう。

おまとめできる借入の幅が広い

アイフルのおまとめローンは、おまとめできる借入の幅が広いというメリットもあります。

アイフルのおまとめローンでおまとめできる借入

  • 貸金業者の無担保ローン(カードローン・キャッシング・フリーローンなど)
  • 銀行や信用金庫などの無担保ローン(カードローン・フリーローンなど)
  • クレジットカードのショッピング枠

消費者金融のおまとめローンの場合、おまとめ対象は「貸金業者からの借入のみ」という場合が多いです。(貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)

しかし、アイフルのおまとめローンはそれ以外にも、銀行や信用金庫、クレジットカードのショッピグ枠もおまとめすることができます。

このため、他社よりもおまとめできる借入の幅が広いんですね。

おまとめローンなのでこんなメリットもある!

アイフルのかりかえMAXとおまとめMAXは、おまとめローンですので以下のようなメリットもあります。

アイフルおまとめローンのメリット

  • 今より総返済額が下がる可能性がある
  • 今より毎月の返済額が減る可能性がある
  • 借金の管理が楽になる

今より総返済額が下がる可能性がある

適応になる金利によっては、現在よりも総返済額が下がる可能性があります。

かりかえMAXとおまとめMAXともに、金利は「年3.0%~17.5%」となっているため、金利は高めです。

ただし、借入額が100万円以上になれば「利息制限法」により、金利は確実に「年15.0%以下」となります。

おまとめする際は、借入額が100万円以上になるケースも多いでしょう。

また、おまとめを希望する人は「消費者金融からの借入を一本化したい!」という人がほとんどなため、金利が年18.0%以上という人が多いかと思います。

そうした事から、おまとめ前よりも金利が下がる可能性があり、総返済額も軽減できる可能性が高くなっています。

今より毎月の返済額が減る可能性がある

今より毎月の返済額が減る可能性があるという点もメリットです。

複数社で返済すると毎月の返済額は、各社の返済額の合計になってしまうため、どうしても多くなる傾向にあります。

しかし、おまとめなら返済は1社で良いため、毎月の返済額を少なくできる可能性が高いです。

借金の管理が楽になる

借金の管理が楽になるというメリットもあります。

複数社で借入していると、返済日や返済額が各社によってことなるため、管理するのが面倒になります。

しかし、おまとめをして借金を一本化すれば、そうした煩わしさもなくなります。

アイフルのおまとめローンの審査に通るためのコツ

アイフルのおまとめローンには当然審査があります。

このため、審査に通らないことにはおまとめができません。

そこでこの章では、アイフルのおまとめローンの審査に通るためのコツをお伝えしていきます。

アイフルのおまとめローンの審査に通るには、以下の7点に注意しておきましょう。

  • 申込条件を確認しておく
  • 安定した収入源を持つ
  • 勤続年数はできる限り延ばす
  • 他社の借入額と件数が多すぎない
  • アイフルおよび他社の返済を延滞しない
  • 信用情報に傷がないこと
  • 在籍確認ができること

申込条件を確認しておく

申込条件をしっかり確認しておくようにしてください。

以下のすべての条件を満たさないことには、審査に通る見込みがありません。

商品名 申込条件
かりかえMAX アイフルを初めて利用する方
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
おまとめMAX アイフルを利用中または過去に利用した方
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

とくに「アイフルを利用した経験の有無」は要注意です。

アイフルを利用したことがある人は「おまとめMAX」しか利用できません。

逆にアイフルを利用したことがない人は「かりかえMAX」しか利用できないため、気をつけておきましょう。

安定した収入源を持つ

安定した収入源を持つことは非常に重要です。

おまとめ後は毎月返済していく必要があるため、それが可能なだけの収入が毎月あることが求められます。

よって、何らかの手段で毎月継続して収入がなければ審査には通りません。

勤続年数はできる限り延ばす

勤続年数は、できる限り延ばしてから申し込むのがおすすめです。

勤続年数が長い人ほど、おなじ職場に留まる傾向が強いため、収入の安定性という点で高く評価してもらいやすくなります。

逆に勤続年数が短いと、「この先もおなじ職場に留まるのだろうか?」とアイフル側に警戒され、審査上不利になりやすいです。

他社の借入額と件数が多すぎない

他社の借入額と件数が多すぎないという点も重要です。

おまとめローンがいくら複数の借金をひとつにするローンだとはいえ、借入できる金額には限度があります。

アイフルは申込者の返済能力以上の金額は融資してくれません。

他社の借入額が多いほど、それを返済するために必要な返済能力も多く求められます。

また、他社の借入件数が多い人は「多重債務者」の可能性が高くなり、返済能力に問題があるケースが多いです。

このため、他社の借入額と件数が多すぎると審査に通らないことや、全額おまとめできないことがあります。

他社借入数の危険とされるラインは、金額ですと年収の1/3以上、件数は4件以上からとされますので、これ以下におさえておきたいところです。

アイフルおよび他社の返済を延滞しない

アイフルおよび他社の返済を延滞しないことも重要です。

おまとめローンの審査では、「返済期日をしっかりと守っているか?」という点を必ず確認されます。

そのようにして、返済期日を守らないお金に関して信用できない人に、融資してしまうのを防いでいるんですね。

このため、アイフルや他社の返済期日を守っていないと、審査に通らなくなります。

よっては、以下のようなものの返済は延滞しないようにしましょう。

  • カードローン・キャッシング
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 住宅ローンや自動車ローン、フリーローンなど
  • 携帯電話の本体分割払い

信用情報に傷がないこと

審査に通過するには、信用情報に傷がないことも大切になってきます。

信用情報の傷というのは、以下のような記録があることを指します。

  • 長期延滞
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 代位弁済
  • 強制解約

こうした記録を「事故情報」と呼び、事故情報がある場合、おまとめローンの審査に通る可能性がほぼありません。

上記のような事故情報は、「何ヶ月も延滞してしまった」、「完全に返済できなくなった」というような場合に記録されるものです。

そのため、信用情報に事故情報があると、返済能力がないと判断されてしまい審査落ちになることがほとんどです。

在籍確認ができること

在籍確認ができること大切です。

アイフルのおまとめローンに申し込むと在籍確認があるため、お勤め先に電話連絡があります。

この在籍確認も審査のひとつですので、クリアできないと審査に通りません。

よって、申込時に申告する職場の情報は正確に入力していください。

なお、アイフルの在籍確認は「非通知・担当者の個人名」でされます。

このため、アイフルのおまとめローンの在籍確認とわからないように配慮されていますので、職場の人にバレてしまう心配はありません。

アイフルおまとめローンまとめ

アイフルのおまとめローンには、「かりかえMAX」と「おまとめMAX」の2つがあります。

2つの違いはほぼありませんが、アイフルの利用経験があるか否かで利用できるほうが変ってきます。

アイフルの利用経験ない人は「かりかえMAX」に申し込むことになり、アイフルの利用経験がある人は「おまとめMAX」でおまとめします。

そんなアイフルのおまとめローンには、以下の2つのメリットがあります。

  • 総量規制の例外になるので年収の1/3以上の借入も可能
  • 貸金業者以外のカードローンやクレジットカードなどのおまとめも可能

この2つのメリットに魅力を感じるのであれば、申し込みを検討しても良いでしょう。

-おまとめローン, アイフル

Copyright© お金を借りる即日ならどこ?今すぐ借りれるカードローンを専門家が解説! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.