カードローン

収入証明書不要で借りれるカードローンはどこ?収入証明書なしでも借りる方法!

投稿日:

収入証明書
カードローンを利用するためには必要書類の提出があり、「収入証明」が必要なこともあります。

しかし、収入証明を用意するのは以外と面倒なため、「収入証明不要で借入したい!」という人は多いかと思います。

では、そんな収入証明書不要のカードローンはあるのでしょうか?

ほとんどのカードローンは収入証明書不要で借入できる可能性があります!

多くのカードローンは収入証明なしで借入できるケースがあります。

カードローンは消費者金融と銀行のものが主流ですが、この2つは借入額によっては収入証明書不要で借入可能です。

消費者金融で収入証明不要になるケース

消費者金融で収入証明不要になるのは以下の2つのケースです。

  1. 希望限度額が50万円以下
  2. 借入先の希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円以下

他の貸金業者の借入というは、以下のような借入となります。

  • 消費者金融や信販会社のカードローン・キャッシング・フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

消費者金融の場合、上記に当てはまる際は「貸金業法」によって、収入証明の取得義務があります。

よって、収入証明の提出を求められます。

しかし、上記に当てはまらないのであれば収入証明の取得義務はないため、提出不要で借入できるケースが多いです。

銀行カードローンで収入証明不要になるケース

銀行カードローンの場合、銀行によってことなりますが、「希望限度額50万円以下は収入証明不要」というケースが多いです。

このため、希望限度額が50万円以下であれば、収入証明なしでも借入できることが多くなっています。

ここまでお伝えしたように、多くのカードローンは借入額が少なければ、収入証明不要で借入できる可能性が高いです。

しかし、場合によっては借入額に関係なく収入証明の提出を求められるケースもあります。

そこで、それはどういたったケースなのかを次章で解説していきます。

【要注意】借入額に関係なく収入証明書が必要になるケースもある!

次の3つの場合、借入額に関係なく収入証明書が必要になるケースもあります。

  • 審査担当者が必要と判断した場合
  • 自営業の場合
  • 貸付条件が良い場合

審査担当者が必要と判断した場合

審査担当者が必要と判断した場合、限度額に関係なく収入証明が必要になることがあります。

たとえば、審査の結果、返済能力に不安があると判断されたときや、信用情報に問題があるときなどにそうなる可能性があるのです。

その場合、より厳格な審査が必要ということで、収入証明の提出を求めることがあるんですね。

実際、カードローン会社によっては、「審査の結果、利用限度額が50万円以下の場合でも収入証明の提出が必要になることもあります」という記載が公式サイトにあるケースもあります。

よって、審査担当者にはよっては限度額に関係なく収入証明が必要になることもあると、知っておきましょう。

自営業の場合

自営業の場合、限度額に関係なく収入証明が必要になることが多いです。

その理由は、自営業ですと「在籍確認」をしても、収入があるかどうか確かめにくいからです。

カードローンの審査では在籍確認があり、現在の勤め先に電話連絡があります。

この在籍確認をすれば、働いており収入があることがわかるため、カードローン会社は収入証明不要で融資することが可能になっているのです。

しかし、自営業者は勤め先が自宅であるケースが多いです。

よって、在籍確認しても働いており収入があるかどうか判断しにくいんですね。

そのため、、確定申告書などの収入証明の提出が必要になるケースが多くなっています。

貸付条件が良い場合

貸付条件が良いカードローンの場合、収入証明が必須になることがあります。

金利が低いなど貸付条件が良いほど、審査も厳格になりますでの、収入証明の提出を義務化しているところが多くなっています。

カードローンを収入証明書なし借りるための条件

ここからは、カードローンを収入証明書なし借りるための条件をお伝えしていきます。

収入証明書なし借りるには以下の4つの条件を満たすことが必須です。

  1. 50万円以下の借入希望額で申し込む
  2. 他社借入額をできる限りおさえる
  3. 信用情報に傷を残さない
  4. パートやアルバイでも良いので会社に在籍する

50万円以下の借入希望額で申し込む

申込時に借入希望額は50万円以下にしましょう。

先にお伝えしたように、収入証明不要で借入できるのは借入希望額が50万円以下の場合です。

とくに消費者金融は50万円超になると、法律によって収入証明が必須となってくるため、借入希望額を50万円以下にしなくてはいけません。

他社借入額をできる限りおさえる

他社借入額をできる限りおさえることも重要です。

ここで言う、他社の借入とは以下のようなものになります。

  • カードローン・キャッシング
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • フリーローン

これらの他社借入額が多いほど、毎月の返済負担が大きくなりますので、返済能力を低く見られてしまいます。

返済能力の低い人への融資は慎重にしなくてはいけないため、収入証明の提出を求められる可能性が高かくなります。

とくに消費者金融の場合、「借入先と他の貸金業者の合計が100万円超だと収入証明は必須」です。

よって、他社からの借入額がある場合はできる限り減らしてから、申し込むのがおすすめです。

信用情報に傷を残さない

信用情報に傷を残さないといことも大事です。

カードローンの審査では「個人信用情報機関」への照会があり、あなたの信用情報を確認されます。

個人信用情報機関と信用情報

個人信用情報機関とは、「CIC」・「JICC(日本信用情報機構)」・「JBA(全国銀行個人信用情報センター)」の3つの機関を指し、これらの3つの機関に記録されているクレジットカードやローンの利用記録を信用情報と呼びます


このため、信用情報に以下のような問題があると審査に影響があります。

  • 延滞記録
  • 事故情報(債務整理や強制解約、代位弁済など)

こうした問題がある場合、審査担当者によっては「もっと詳しく審査をする必要がある」と判断し、限度額に関係なく収入証明の提出を求めるケースがあります。

また、事故情報がある場合はそもそも審査に通らない可能性が高くなるため、注意しておかなくてはいません。

パートやアルバイでも良いので会社に在籍する

収入証明なしで借入するには、パートやアルバイでも良いので会社に在籍することが大事です。

先に、自宅が職場になることが多い自営業の人だと、収入があるかどうかが確認しにくいため、収入証明の提出を求めれることが多いとお伝えしました。

このため、会社に在籍していない人は収入証明なしで借入するのが難しいです。

よって、収入証明不要で借入したいなら、パートやアルバイでも良いので会社に在籍してから申し込みするようにしてください。

収入証明書不要で借りれるカードローンまとめ

多くのカードローンは収入証明不要で借入できるケースがあります。

大抵の場合、希望限度額が50万円以下であれば収入証明不要ですので、免許証などの本人確認書類のみで借入可能です。

そうした事から、小額の借入であれば、収入証明なしで借入するのは難しくありません。

-カードローン

Copyright© お金を借りる即日ならどこ?今すぐ借りれるカードローンを専門家が解説! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.