お金借りる クレジットカード

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる!金利や返済方法を詳しく解説!

投稿日:

クレジットカードのキャッシング
クレジットカードには「キャッシング枠」を付属させることができます。

そして、このキャッシング枠を利用すれば現金の借入が可能です。

今回はそんなクレカのキャッシング枠について詳しく解説してみました。

この記事を読んでもらえれば、キャッシング枠がどのようなものなのかがわかり、安全に利用するための知識がしっかりと身につきます。

クレジットカードのキャッング枠をしっかり理解しておこう!

まずは、クレジットカードのキャッング枠はどのようなものなのかを、しっかり理解しておきましょう。

クレジットカードのキャッング枠とは、クレカの機能のひとつで、現金が借入できるキャッシングサービスを指します。

キャッシングですので、基本な部分は消費者金融とおなじと思ってもらえればOKです。

消費者金融とおなじように資金使途は基本自由であり、限度額の範囲内で何度でも利用できます。

借入なので「利息(手数料)」が発生する!

クレカのキャッング枠は借入ですので、「利息(手数料)」が発生します。

このため、借入した金額に利息を加算した金額を返済しなくてはいけません。

そうした事から、事前に利息がいくらになるかをしっかり計算して、計画的に利用することが大事です。

限度額はショッピング枠と共通なので注意!

限度額はショッピング枠と共通なので注意しましょう。

キャッング枠の限度額はショッピング枠の中に含まれます。

たとえば、以下のような条件で契約しているカードがあるとします。

  • ショッピング枠:100万円
  • キャッシング枠:20万円

上記の場合、2つを合計して120万円が利用できるわけではありません。

ショッピング枠100万円の中に、キャッシング枠20万円が含まれるという形式になります。

よって、キャッシング枠で借入すると、その金額分がショッピング枠から差引かれます。

仮にキャッシング枠で10万円を借入した場合、その内枠は以下のとおりです。

  • ショッピング枠:100万円-10万円=残りの限度額90万円
  • キャッシング枠:20万円-10万円=残りの限度額10万円

上記の場合、ショッピング枠の限度額は90万円に減り、キャッシング枠の限度額は残り10万円となります。

クレカのキャシング枠の限度額はこのような仕組みになっているため、しっかりと理解しておいてください。

クレジットカードのキャッング枠の限度額と金利、利息はどれくらい?

ここからは、クレジットカードのキャッング枠の限度額と金利、利息についてお伝えしていきます。

限度額と金利、利息がどれくらいになるか事前に知っておけば、計画的に利用しやすくなるため、ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

限度額

クレカのキャシング枠の限度額は「10万円~50万円」というのが相場です。

「少ないな・・・」と思う人もいるかもしれませんが、クレカにとって、キャッシング枠はあくまで機能のひとつでしかないため、これは仕方ありません。

メインはショッピング枠ですので、消費者金融や銀行カードローンのような高額な借入には対応していません。

総量規制の対象なので年収の3分の1までが上限

総量規制の対象なので、限度額は年収の1/3までが上限になるという点も知っておく必要があります。

総量規制とは?

総量規制とは、貸金業者の融資は申込者の年収の1/3までという法律です。(貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)

総量規制について│日本貸金業協会


クレジットカードのキャッシング枠は「貸金業者」扱いになるため、総量規制が適応されます。

よって、年収の1/3までしか借入できません。

このため、年収300万円なら1/3の100万円が上限です。

また、年収の1/3というのはすべての貸金業者の借入を合計してになります。

現在、消費者金融などの貸金業者から借入がある場合、その分が年収の1/3にカウントされ、クレカのキャッシング枠の借入上限が減りますので気をつけておきましょう。

金利と利息

キャッシング枠の金利は各社によってことなりますが、「年18.0%」が相場で低くても「年15.0%程度」です。

よって、金利ははっきり言って高いです。

このため、利息が大きくなりがちなため、借入するのは数万円程度の少額にしておくのがおすすめです。

もしくは一括返済を前提に借入するのが良いでしょう。

一括返済であれば、借入期間が短くてすむため、それなりの金額を借入しても利息はあまり大きくなりません。

利息の計算方法

クレカのキャッシング枠の利息は「日割り」で加算されますので、計算方法は以下のとおりです。

利息=借入額×金利÷365×借入日数

たとえば、5万円を金利18.0%で1年(365日)借入するとした場合は、以下のように計算します。

5万円×18.0%÷365×365=9,000円

上記の場合は9,000円の利息が発生するということですね。

10万円を18.0%で借入する場合の利息も算出しておきましたので、ぜひ参考にしておいてください。

借入期間 利息額
30日 1,479円
60日 2,958円
180日 8,876円
1年 18,000円
2年 36,000円
3年 54,000円

クレジットカードのキャッシング枠の審査

当然ですが、クレジットカードのキャッシング枠にも審査があります。

ただし、すでに付属済みであれば、審査はありません。

多くのクレカの場合、申し込みと同時に、キャッシング枠を付属させるかどうかを選択可能です。

このときにキャッシング枠の付属を選択し、審査に通っていれば、審査不要で今すぐ利用可能です。

また、付属していない場合は審査を受ける必要がありますが、すでにカード自体の審査に通っているため、難易度は低いです。

キャッシング枠の審査はこの3つに問題がなければ通る!

キャッシング枠の審査は以下の3つの条件さえクリアできれば、あっさりと通過できることがほとんどです。

  1. 総量規制に引っかかっていない
  2. 返済期日を守っている
  3. 信用情報に事故情報がない

総量規制に引っかかっていない

先にお伝えしたように、クレカのキャッシング枠は総量規制の対象です。

そのため、他の貸金業者と合わせて年収の1/3までしか借入できないため、貸金業者の借入額には注意しておく必要があります。

返済期日を守っている

現在利用中のクレカやローンの返済期日を守るようにしてください。

返済期日を守っていないと、「お金に関して信用できない」、「返済能力がないのかもしれない」と警戒され、審査落ちの原因になりやすいです。

逆に期日どおりに返済していれば、「この人はお金に関して信用できる」と判断してもらいやくなり、審査に有利となります。

信用情報に事故情報がない

信用情報に事故情報がないことは必須です。

以下のような事故情報があると、キャッシング枠の審査には通りにくいです。

  • 長期延滞
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 強制解約
  • 代位弁済

ヘタをすると、キャッシング枠の審査に通らないどころから、次回の契約を更新してもらえない可能性もあるので気をつけましょう。

クレジットカードのキャッシング枠の借入方法と返済方法

ここからは、クレジットカードのキャッシング枠の借入方法と返済方法をお伝えしていきます。

借入方法と返済方法は各社によってことなりますが、どの会社でもほとんど差がないため、参考にしてもらえればと思います。

キャッシング枠の借入方法

キャッシング枠の借入方法は以下の2つが基本です。

  • 提携ATM
  • 銀行振込

提携ATMで借入する際は、クレカジットカードを使い、コンビニや銀行などのATMから借入をします。

銀行振込で借入したい場合は、クレジット会社の会員サイトやコールセンターなどから手続します。

キャッシング枠の返済方法

キャッシング枠の返済方法は「口座振替」が基本です。

ショッピング枠の利用分と同時に請求されるのが一般的なため、いつもの引落とし日に支払いをすることになります。

支払方式は「一回払い」と「リボ払い」が基本

支払方式は以下の2通りから選べることが多いです。

  • 一回払い
  • リボ払い

一回払いはその名のとおり、返済額を全額一括で支払う方法です。

リボ払いは、利用残高によって決まる返済額を毎月支払っていく支払方式となります。

たとえば、「楽天カード」であれば毎月の返済額は次のとおりです。

利用残高 毎月の返済額
~10万円以下 3,000円+利息
10万円超~20万円以下 6,000円+利息
20万円超~50万円以下 10,000円+利息
50万円超~100万円以下 20,000円+利息
100万円超 40,000円+利息

仮に利用算高が10万円超~20万円以下なら、毎月の返済額は「6,000+利息」になります。

この状態から返済をしていき、利用残高が10万円以下になれば、毎月の返済額は「3,000+利息」に減ります。

このように利用算高によって、返済額が上下するのがリボ払いです。

リボ払いは利息が大きくなりがちなので注意!

リボ払いは毎月の返済額が少なくすむという反面、利息が大きくなりやすいといデメリットもあります。

毎月の返済額が少ないということは、利用残高の減りも遅いということを意味します。

このため、返済が長引いて利息の支払回数が増えてしまうため、総利息額が大きくなってしまうのです。

よって、リボ払いを利用する際はこの点をしっかり理解しておかなくてはいけません。

多くのクレジット会社では、リボ払い時の毎月の返済額を増額することができますので、できる範囲で毎月の返済額は多めにしておくのがおすすめです。

クレジットカードのキャッシングでお金を借りるまとめ

クレジットカードのキャッシング枠は付属済みなら、審査不要で今すぐ借入できるという魅力があります。

このため、「今日中にお金が欲しい!」という人には有効な借入方法です。

ただし、金利が高い点や、限度額がショッピング枠と共通になること、総量規制の対象になるなどの注意点もあります。

そうした部分もしっかり理解してから利用するようにしてください。

-お金借りる, クレジットカード

Copyright© お金を借りる即日ならどこ?今すぐ借りれるカードローンを専門家が解説! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.