お金借りる

生命保険でお金借りれるのか?契約者貸付制度について徹底解説!

投稿日:


生命保険には「契約者貸付制度」というものがあります。

そして、この契約者貸付制度では現金の借入が可能です。

また、審査がない、金利が低いなどの魅力的なメリットもあります。

そのため、「お金を借りたい!」という人はぜひ知っておいたほうが良い制度です。

そこでこの記事では、そんな生命保険の契約者貸付制度について徹底解説していきます。

生命保険の「契約者貸付制度」とはどのような制度か?

生命保険の契約者貸付制度とは、「解約返戻金(かいやくへんれいきん)」の範囲内でお金を借りることができる制度です。

解約返戻金というのは、保険を解約したときに戻ってくるお金になります。

終身保険や養老保険、個人年金保険などの積み立て型の保険の場合、解約をするとそれまで積み立てたお金が戻ってきます。

これを解約返戻金と呼びます。

生命保険の契約者貸付制度では、この解約返戻金の7~9割を上限に保険会社から借入することが可能です。

生命保険の契約者貸付制度にはこんなメリットがある!

生命保険の契約者貸付制度には以下のようなメリットがあります。

  • 審査がない
  • 保険を解約する必要がない
  • 毎月決められた日に返済する必要がない
  • 金利が良心的
  • 融資までが早い

審査がない

生命保険の契約者貸付制度は審査がありません。

審査がないため、信用情報機関への照会などもありませんし、借入後にその金額が他社のローンなどに影響することもないです。

このため、制度が利用できる人であればほぼ確実に借入可能です。

保険を解約する必要がない

契約者貸付制度は保険を解約することなく利用できます。

よって、「積み立てたお金が無駄になってしまうかも・・・」という心配はありません。

毎月決められた日に返済する必要がない

毎月決められた日に返済する必要がないとうメリットもあります。

返済は保険の満期までにすれば良く、返済額についても自由です。

金利が良心的

金利が良心的という点もメリットです。

契約者貸付制度の金利は保険会社によってもことなりますが、「年2.0%~6.0%程度」が相場となっています。

このため、カードローンやキャッシングなどよりもずっと低金利です。

融資までが早い

融資までが早いという利点もあります。

融資スピードは保険会社によって違いますが、早ければ手続から当日~2営業日後に入金されます。

生命保険の契約者貸付制度の注意点

生命保険の契約者貸付制度の注意点もあります。

このため、どのような注意点があるかをしっかりと確認しておくことが大切です。

そこでこの章では、生命保険の契約者貸付制度の注意点をお伝えしていきます。

生命保険の契約者貸付制度を利用前には、以下の4つに気をつけておきましょう。

  1. 契約したばかりだと利用できない
  2. 保険の種類によっては対応していない
  3. 保険が失効する可能性がある
  4. 借入金額が保険金から差引かれることがある

契約したばかりだと利用できない

契約したばかりだと利用できません。

契約者貸付制度は積立金の一部を借入する制度なため、契約したばかりで積立金が少ないと利用できないので注意してください。

保険の種類によっては対応していない

保険の種類によっては対応していないので気をつけましょう。

契約者貸付制度が利用できるのは、終身保険や養老保険などの解約返戻金がある保険に限られます。

よって、掛け捨て型の保険など、解約返戻金がない保険ですと利用ができません。

保険が失効する可能性がある

場合によっては、保険が失効する可能性があるので注意です。

契約者貸付制度の返済は満期までにすれば良いため、毎月返済をする義務はありません。

しかし、利息は毎日発生します。

このため、返済ペースによっては利息がどんどん増えてしまい、借入残高が解約返戻金の額を超えてしまうことがあります。

そうした場合、保険を解約されてしまう可能性も否定できません。

借入金額が保険金から差引かれることがある

借入金額が保険金から差引かれることもあるので気をつけましょう。

契約者貸付制度の利用中に、保険金が支払われるような事態になると、借入金額が保険金から差引かれます。

たとえば、800万円の保険金があるときに、契約者貸付制度で100万円を借入しているとしましょう。

このときに保険金が支払われる事態になった場合、次のように契約者貸付制度で借入している100万円が保険金から引かれます。

保険金800万円-契約者貸付制度の借入100万円=700万円

このため、上記のケースですと、実際に支払われる保険金は700万円に減ってしまいます。

生命保険の契約者貸付制度の申込方法

ここからは、生命保険の契約者貸付制度の申込方法についてお伝えしていきます。

まずは申し込みに必要なものから確認していきましょう。

申込前に用意しておくもの

申込前に用意しておくものは以下の3つです。

  • 保険の証券番号
  • 保険証券
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証など)

ほとんどの会社はこの3つさえ、あれば問題ありません。

申込方法

申込方法は保険会社によってことなりますが、以下のような方法があります。

  • 電話
  • インターネット
  • アプリ
  • 郵送
  • 担当者の訪問
  • 店頭窓口

申し込みの手続は基本的に必要事項を記入し、書類などを提出するだけですので難しいことはひとつもありません。

とくにインターネットやアプリだと、ネット上で完結する場合が多いため、非常に簡単に手続できます。

生命保険契約者貸付制度まとめ

生命保険の「契約者貸付制度」なら、解約返戻金の6割~9割の金額を借入することが可能です。

契約者貸付制度は審査もないですし、金利も「年2.0%~6.0%程度」が相場なため、カードローンやキャッシングなどよりも、ずっと低金利で借りやすいです。

また、返済は保険の満期間まですれば良いため、自分のペースで返済していくことが可能です。

ただし、借入金額が保険金から差引かれるなどの注意点もあるため、そうした点をしっかり理解してから利用するようにしてください。

-お金借りる

Copyright© お金を借りる即日ならどこ?今すぐ借りれるカードローンを専門家が解説! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.