お金借りる 銀行カードローン

銀行でお金を借りるには?銀行審査の流れとおすすめ銀行カードローンを紹介!

投稿日:

銀行ローン
「お金がなくて困った・・・。借入したい!」

このようなときに、借入先の候補になるのが銀行ですよね。

銀行であれば安心感がありますので、トラブルなどにあってしまう心配も少ないからです。

では、そんな銀行でお金を借りる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

この記事では、銀行でお金を借りる方法の種類と、その中でどれがおすすめなのかを丁重に解説していきます。

銀行でお金を借りるにはどのようなものがある?

個人が銀行でお金を借りるとなると、以下の3つの方法が代表的です。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 目的別ローン

カードローン

カードローンとは、資金使途が基本自由の「無担保ローン」です。

資金使途が基本自由であるため、様々な目的でお金を借りることができ、無担保ローンであるため、担保や保証人を必要としません。

また、限度額の範囲内であれば何度でも利用可能という特長もあります。

カードローンという名のとおり、専用のカードを使ってATMから利用するのが基本です。

その他にも、銀行振込やインターネットバンクでの利用ができる場合も多いです。

フリーローン

フリーローンもカードローンと同様に、資金使途が基本自由の「無担保ローン」になります。

ただし、フリーローンの場合は追加借入ができません。

そのため、借入したらあとは返済していくのみとなります。

目的別ローン

目的別ローンとは、以下のような資金使途が限定されたローンを指します。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • ビジネスローン

たとえば、住宅ローンであれば、住居を建てるための費用や、リフォームするための費用など、住宅関連の費用にしか使えません。

以上、銀行で個人がお金を借りる方法はカードローン、フリーローン、目的別ローンの3つが基本です。

では、この3つの中で最もおすすめなのはどれでしょうか・

銀行でお金を借りるなら「カードローン」がおすすめです!

銀行でお金を借りるなら「カードローン」をおすすめします。

その理由は以下の5つです。

銀行カードローンがおすすめな理由

  • 申込条件がやさしい
  • 申込手続が簡単
  • 審査のハードルが高くない
  • 使いみちが基本自由
  • 融資までそれほど時間がかからない

申込条件がやさしい

カードローンの申込条件はとてもやさしい傾向にあります。

多くの場合、「20歳以上で安定した収入があること」というくらいですので、容易に申込条件を満たすことが可能です。

申込手続が簡単

カードローンの申込手続は非常に簡単です。

インターネットから申し込みすれば、画面の指示に従って必要事項を入力してくだけで、完了します。

必要な書類も「本人確認書類」と「収入証明」の2つだけであり、限度額によっては本人確認書類だけで済むケースも多いです。

審査のハードルが高くない

カードローンの審査のハードルは決して高くはありません。

基本的に以下の3つに問題がなければ、審査に通る可能性が高いです。

  1. 毎月継続的に収入が得られていること
  2. 他社借入額や件数が多すぎないこと
  3. 信用情報に問題がないこと(延滞記録や事故情報)

使いみちが基本自由

先にもお伝えしたとおり、カードローンは使いみちが基本自由です。

事業性資金以外であれば基本自由に使えますので、欲しい物を購入する費用、生活費、借り換え・おまとめと、様々な用途での利用ができます。

融資までそれほど時間がかからない

カードローンの融資スピードはかなり早いです。

早ければ申込日の翌日に融資されますので、融資までそれほど時間がかかりません。

銀行カードローンのデメリットも知っておこう!

銀行カードローンにはデメリットもあるため、その点も知っておきましょう。

デメリットは以下の2点です。

  • 即日融資は不可
  • 上限金利がローンの中では高め

銀行カードローンの融資は最短でも申込日の翌営業日となるため、即日融資はできません。

即日融資を希望するなら、消費者金融のカードローンのほうが最適です。

「上限金利(一番高い金利)」がローンの中では高めという欠点もあります。

銀行カードローンの上限金利は「年14.0%付近」が相場なため、住宅ローンやマイカーローンなどと比べると、かなりの高金利での借入になってしまうケースが多いです。

おすすめの銀行カードローンはこの3つ!

ここからは、おすすめの銀行カードローンを3つ紹介していきます。

3つのカードローンを選んだ理由は以下のとおりです。

  • 全国対応している
  • 融資まで最短翌日と早い
  • 申込条件がやさしい
  • 提携ATMで利用しても手数料無料
  • メガバンク提供なので安心感がある

三井住友銀行カードローン

申込条件 ・申込時満20歳以上満69歳以下の方
・原則安定した収入のある方
・三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
金利 年4.0%~14.5%
限度額 最大800万円
審査時間 最短翌営業日
融資時間 最短翌営業日

三井住友銀行カードローンは、「三井住友銀行」が提供するカードローンサービスです。

そんな三井住友銀行カードローンには以下のような特長があります。

  • 来店不要で借入まで完結
  • 三井住友銀行の口座不要
  • 三井住友銀行のキャッシュカードでも利用可能
  • 三井住友銀行ATMと提携ATM手数料無料
  • ローン契約機ならその場でカードを受取れる
  • 返済日は5日・15日・25日・月末の4つから選べる

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

申込条件 ・年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人であること
・保証会社(アコム㈱)の保証を受けられること
・原則安定した収入があること
金利 年1.8%~14.6%
限度額 最大500万円
審査時間 最短翌営業日
融資時間 最短翌営業日

バンクイックは「三菱UFJ銀行」のカードローンになります。

そんなバンクイックの特長は以下のとおりです。

  • 来店不要で借入まで完結
  • 三菱UFJ銀行の口座不要
  • 三菱UFJ銀行ATMと提携ATM手数料無料
  • テレビ窓口ならその場でカードを受取れる

みずほ銀行カードローン

申込条件 ・契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる方
金利 年2.0%~14.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短翌営業日
融資時間 最短翌営業日

みずほ銀行カードローンは「みずほ銀行」のカードローンサービスです。

そんなみずほ銀行カードローンには次のような特長があります。

  • 来店不要で借入まで完結
  • みずほ銀行のキャッシュカードで利用可能
  • みずほ銀行ATMとコンビニATMの利用手数料無料
  • 住宅ローンの利用で金利0.5%引き下げ

銀行カードローンの審査の流れ

ここからは、銀行カードローンの審査の流れについてお伝えしていきます。

審査の流れは各カードローンによってことなりますが、大まかな部分は共通であるケースがほとんどです。

よって、申込前の参考にしてもらえればと思います。

必要書類はこの2点

銀行カードローンの審査の必要書類は、「本人確認書類」と「収入証明」の2点です。

本人確認書類は必須であるケースがほんどです。

免許証やパスポート、保険証、個人番号カード(マイナンバーカード)など、身元を証明できる書類を提出します。

収入証明は「限度額50万円超から必要」という銀行が多いです。

今回紹介した「三井住友銀行カードローン」、「三菱UFJ銀行カードローン バンクイック」、「みずほ銀行カードローン」も限度額50万円超から必要です。

収入証明が必要になった場合、源泉徴収票や確定申告書、給与明細など収入を証明できる書類を提出することになります。

銀行審査の流れ

審査の流れは以下のような感じになるケースが一般的です。

  1. 申し込み
  2. 本人確認
  3. 審査
  4. 契約
  5. 融資

申し込みが完了しますと、しばらくして申込先から「申込確認」の電話が携帯電話にくるのが基本です。

申込確認では、氏名や住所、申し込みの意思確認などをすることになります。

その後は審査が開始となり、審査には「在籍確認」もあります。

このため、申込時に申告した勤め先の電話番号に、申込先から電話があると思っておきましょう。

ただし、在籍確認は「銀行名」や「担当者の個人名」でかけるなど、カードローンの在籍確認とはわからないように配慮がされていますので安心してください。

審査通過後は契約となり、契約後はすぐに借入できるのが基本です。

カードが届く前でも、銀行振込によって融資をしてくれる銀行がほとんどあり、審査担当者からも「今すぐ融資できますがどうでしょう?」と提案してくれることが多いです。

銀行でお金を借りるには?まとめ

銀行で個人がお金を借りる方法は次の3つが基本です。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 目的別ローン

この中でおすすめなのはカードローンになります。

カードローンであれば、簡単な申込手続と最低限の審査を受けるだけで、お金が借入できます。

限度額の範囲内で何度でも借入可能なため、「お金に困った!」というような時に対応しやすいのも魅力です。

また、使いみちも基本自由なため、様々なシーンで活用してくれます。

-お金借りる, 銀行カードローン

Copyright© お金を借りる即日ならどこ?今すぐ借りれるカードローンを専門家が解説! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.